httpsに対応してると好感度が上がりる

WEBも受注とな2件。50万円分。でも 最近WEBデザイナー。Webデザイナーという職業が世間に広く認知されてから、せいぜい15年くらいだというのに変わりすぎ。紙のほうも変わっているとは思うけど、目まぐるしさと個人の危機感の持ちようはWebと比べると段違いだと思う。WEBデザイナーの華麗な道をあるみはじめる。個人でブログやってるWebデザイナーさんたちはちゃんとhttpsに対応してると好感度上がる。新聞記者、PC販売、ネットワークエンジニア、商社、デザイナー、FA系エンジニアといろいろやったけど知らない。もちろん全部大阪の会社。出入りの企業でも聞いたことない。そういった「他のPCの活躍の機会を奪いかねない」美味しいキャラはNPCとなることをデザイナーは想定してる。GMが許せばその限りではない。

デザイナーを目指してから役1年が立とうとしてる。去年までは、パソコンも文章を打つ程度と、エロ動画しか見ていなかった自分が仕事をとれる作品を作れるまでに成長するとは思いもよりませんでした。願えば叶う。必ず。願えるから今日も頑張れる。学べる幸せをこの年になって実感する。デザイナーとかイラストレーターって横文字で名前がかっこいいだけで、実際はもくもくとPC作業だし超地味。できるだけ安く作ってほしい企業が多いし自営だとそんな簡単にもいかない。だけどこの仕事が好きだから、できるだけ長くやっていけるような良い環境を作りたいなーとは思う。デザイナーさんのPCにコンパイル環境を作るのが大変なんだよね。