子供のIT適応は早い

Webデザイナーの妻にこないだ仕事内容を聞いたら「rubyの環境作ってsublime textにsassとcompass入れて$で入れ子でコンパイル」みたいなこと言ってたんで、なんかかなり取り残されてるなって思った。とにかく環境が悪い。Webデザイナー、パッケージとかのデザイナーは、時給800円の世界だからな。雇われでやる意味ないと思った。下積みの後に展望がないのも大阪ならではだし。家族で焼肉食いに来てんだけど自分が送ったメールが相手の環境でどう見えているかが気になるとかいう二昔前のwebデザイナーみたいなこと気にしててなんか世の中進化したなって思ってるところ。Whoisで既にお察しなことはさておいても、実際「30-40歳のWEBデザイナーを親に持ち、親のアカウントとキャッシュを含めた自宅環境をフルに使用すれば」あのくらいはできる10歳はいてもまったくおかしくないな、と思う。子供のIT適応は早い。

思い立ったが吉日でトレーナーディエジョニ描こうと思ってパソコン取り出したはいいけどWEBデザインの課題全然進めてないことに気付いてしまった。Webデザインも勉強したい、PC,IT操作これが出来ないとそもそも仕事にならないだろうな。それにこれからの時代ITはどんどん進化して行くだろうし使わない事はほぼ無いだろう。今だってそうなんだからな。いくらアナログで絵が描けたってね、今の世の中PCでの描写能力とかグラフィック、webデザインできないと詰む世界だ。webデザインをやってのける小学4年生が絶対にいないとは言わない。与えられた環境と元からの才能などによっては想像もつかないようなことは起こるから。でもなんというかちぐはぐな感じがする。webはあれだけできるのに「わからないから大人に聞こうと思った」というのが。いろいろWebデザインやろうと思ってたがそもそもサーバサイドのコードが外部から見れる環境が嫌だったからなにもデザインっぽい事やってない。企画、作曲、マスタリング、Webデザインと今回も色々やってる。特設はレスポンシブ対応にしたのでわりとどんな環境でも閲覧しやすいはず。