Mac bookはデザインしやすい環境

今使ってるWebデザインソフト、mac bookのOS環境の関係上、iwebで作成、アップロードは Adobe Dreamweaver CS5。 Adobe Museに移行にするため4度目のサイトの作り直し。AppleのソフトはOSが変わるたびに無くなる事が多く失望させられる。環境に強いモンスターのデータベースにな画面で作っといてしまえば、それらを作るとかのこちら側と木を応用して、もっと気温をご提供してっていうレベルデザインを変えて発生させることも理解した。Webデザイン勉強し始めて2週間くらいで基礎はだいたい理解できた。極めるとなると別だけど、基礎だけなら学習コストかなり低め。環境構築とか意味分からんrailsからやり始めたのやっぱミスってた。webサイトの制作を再開しようかな。wix使ってHTML5環境で作ってたけど、完成に近づくに連れてあまりの重さに実用性に欠けるなと感じて放置。もうちょいデザインも見なおして、軽く作れる環境で一から作り直すか。

すごく凝ったデザインのWebページを見つけたが、凝り過ぎた結果。25M出ている今の環境でもスムーズに閲覧できない。TP明朝いいけどモリサワとかのWebフォントが充実してくれればな。IllustratorのWEBデザインファイルは特に問題ないようにできるのだけど、いまだにひとつも不都合がない状態でデータをいただけたことがない。誰が作成してるかもわからない外注コーダーから見るとやっぱりPhotoshopが一番安心確実早い。クリックできる領域が、表示されている値の周りに設定されていて、しかし値そのものはクリック出来ない。コーディングしないとベターなWEBデザインはできないって思ってたけど、回り回ってデザインしないとベターなコーディングも難しいと思うようになった。そろそろまたやろうかな。